2018年のイースターは4月1日!

日本でもイースターの日には、卵料理やご馳走を食べてお祝いをするお宅もあるようです。

そもそも「イースター(Easter)」って何だ??」と思う方もいるのでは?

十字架にかけられたイエス・キリストが予言通り、その3日後に復活した日、

まさに「復活祭」なのです。

キリスト教徒の方にとっては、クリスマスよりも大事な日と言っても過言ではないですね。

「イースターエッグ」はキリスト教では卵は命の誕生を意味するんだとか。

ゆで卵や模型を使って色鮮やかに自分でペイントするのも一つの楽しみですね。

簡単手作り♪可愛いイースターエッグの作り方をご紹介!

卵と同様、うさぎは多産なことから命の象徴、繁栄のシンボルとされています。

「イースターエッグ」「イースターバニー」どちらもお祝いするには欠かせないグッズですね。

さてさて、

イースターは毎年決まった日にちではなく「春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日」とのことです。

そこからすると、2018年は4月1日なんですね。

ちなみに、来年のイースターは4月28日のようです。


Return to Top ▲Return to Top ▲