義理チョコは、もはや不要な習慣?!


2月14日は子供でも知っている「バレンタインデー」。

昨日、ベルギーのチョコレートメーカー「GODIVA」が掲載した日本経済新聞の一面広告が話題になっています。




日本は、義理チョコをやめよう。とは、チョコレートメーカーらしからぬキャッチコピー。


文面を抜粋すると、、、

バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。

その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。

なぜなら、義理チョコを誰にあげるかを考えたり、準備をしたりするのがあまりにもタイヘンだから、というのです。

気を使う。お金も使う。でも自分からはやめづらい。

それが毎年もどかしい、というのです。

それはこの国の女性たちをずっと見てきた私たちゴディバも、肌で感じてきたこと。

もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。

いや、この時代、ないほうがいい。そう思うに至ったのです。

そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。

社内の人間関係を調整する日ではない。

だから男性のみなさんから、とりわけそれぞれの会社のトップから、彼女たちにまずひと言、言ってあげてください。「義理チョコ、ムリしないで」と。

気持ちを伝える歓びを、もっと多くの人に楽しんでほしいから。

そしてバレンタインデーを、もっと好きになってほしいから。

愛してる。好きです。本当にありがとう。

そんな儀礼ではない、心からの感情だけを、これからも大切にしたい私たちです。

引用:日本経済新聞 ゴディバ広告



なるほど・・・🤔

これについて世間では賛否両論のようですが

確かに、義理ともなれば1個や2個という数でもなく、買い出しが面倒ということはありますがな。。。。

まぁ、貰ったら側も1ヶ月後のホワイトデーのお返しにも同じことが言えますからね。

最近はバレンタインデーのチョコ配りを禁止する会社もあるとか。


日本は、義理チョコをやめよう。

もはや義理チョコはあげる方も貰う方も、不要な習慣のようです。


Return to Top ▲Return to Top ▲